調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃

データジャーナリズムはオープンデータやビッグデータを報道に活かそうという試みで,歴史はまだ浅く,世界中でいまなお施行錯誤が続いている一方,データジャーナリズムの手法を取り入れた取材活動がスクープを生み出し,社会に影響を与えるなど,既に大きな成果もあげています。

本講ではデータジャーナリズムが広まってきた背景や,報道の現場でいま何が起きているのかを学び,そのうえで,なぜデータジャーナリズムが注目されているのか,データジャーナリズムは今後社会にどのようなインパクトを与えるのかについて考えます。

講師:赤倉 優蔵(あかくら ゆうぞう)
開催日時:2013年6月12日(水) 16:30〜18:00
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース
講演資料:pdf