データジャーナリズムがもたらすニュースの革新

「データからニュースを発見し,わかりやすく伝える手段」として世界中の報道機関が取り組むデータジャーナリズムは,取材方法,取材プロセス,そしてニュースの表現方法に,革新を起こし始めています。

毎日新聞による『参院選ツイッター分析』,NHKによる『DATAFILE.JPN』,日経新聞による『人口減少地図』に見られるように,ニュースはもはや単なる記事と写真の組み合わせだけではなくなってきました。

ネットのニュースを読む習慣が広がり,ソーシャルメディアの普及により誰もがニュースを発信できるようになったいま,こうした「ニュースの革新」は人ごとではありません。

そこで本講では報道現場でいままさに起きている「ニュースの革新」,そして革新の中心にある「データジャーナリズム」の実際のプロセスを概観し,これからニュースがどのように変化していくのか,それが私たちの社会にどのような影響を与えるのか考えます。

講師:赤倉 優蔵(あかくら ゆうぞう)
開催日時:2014年10月22日(水) 16:30〜18:00
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース
講演資料:pdf