グーグルと国家:デジタル時代の記憶と忘却

グーグルをはじめとする巨大プラットフォーム企業が,人々の記憶や忘却を実質的に支配するようになる中で,
法律や政策は,そして我々自身はどのような対応を取れば良いのか。

忘れられる権利やヨーロピアナをはじめとした国内外の施策を参照しつつ, デジタル時代における国家の役割を論じる。

講師:生貝 直人(いけがい なおと)
開催日時:2016年6月29日(水) 16:30〜18:00
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース