データ駆動型社会の光と影


データ駆動型社会の光と影
政府や企業のみならず、個人や小規模組織からも価値のあるデータを提供することが可能になり、多様なデータを循環させて価値を創出するデータ循環型社会に世界は変化しつつあります。

データは価値を生み出す手段であり、様々な利害関係者と共にその仕組みを実現することが重要です。データ駆動型社会の光と陰について議論したいと思います。

講師:神武 直彦(こうたけ なおひこ)
開催日時:2019年6月5日(水) 18:15〜19:45
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース