スティーブ・ジョブズがiPhone/iPadのインターフェースデザインに込めた想いとその限界

現代の情報生活になくてはならぬ存在になりつつある,スマートフォンやタブレットデバイス。物理的なキーボードがなくマルチタッチで操作するそれらのインターフェースは,アップル社のスタッフが,前CEOであったスティーブ・ジョブズの指揮の下に作り上げ,後発の他社が軒並みコピーして標準的な存在になったものです。

スティーブ・ジョブズは,「最低の男が,最高の未来を作った」(11月1日公開の映画「スティーブ・ジョブズ」のキャッチフレーズ)と言われるほど,その人間性は物議を醸しましたが,情報機器が進むべき道を見通していた人物です。

このセッションでは,大谷氏が直接インタビューしたこともあるジョブズの仰天エピソードも交えながら,彼がiPhone/iPadのインターフェースに込めた想いと,iOS 7ではなぜそのデザインを一新する必要が生じたのかについてお話しします。

講師:大谷 和利(おおたに かずとし)
開催日時:2013年10月2日(水) 16:30〜18:00
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース
講演資料:pdf