超スマート社会における身体情報学
―視線や表情の理解と共有を目指して

視線や表情といった身体情報は,実社会のノンバーバルコミュニケーションにおいても重要な役割を担っている。

実環境とバーチャル環境が融合した超スマート社会においては,こうした身体情報をどのように活用していくことができるだろうか。

本講演では,身体情報を計測・解析する技術の紹介を交えながら,超スマート社会における身体のあり方について考えていきたい。

講師:杉本 麻樹(すぎもと まき)
開催日時:2017年12月6日(水) 18:15〜19:45
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース