炎上とサイバーカスケード
―集団極性化や社会の分断

炎上とサイバーカスケード―集団極性化や社会の分断スマートフォンやSNSの普及等により,だれでも気軽に発信できる環境が整った。ネットを介した「良き」つながりが増える一方で,様々なトラブルも発生している。座間や八王子で発生した誘い出し事件や,ネットいじめなども起こっている。

一方で,ネットそのものが,社会全体の分断を促進することが危惧されている。米国大統領選挙,英国のEU離脱,バスク独立問題,仏の右傾化など,ネットが及ぼす社会分断が顕在化している。

本講演では,ネットいじめや炎上トラブルを含め,ネットと社会のかかわりについて述べる。

講師:田代 光輝(たしろ みつてる)
開催日時:2018年5月16日(水) 18:15〜19:45
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース